parenting

出産・子育て情報

出産準備リスト
出産準備リスト

出産準備リスト

肌着

check アイテム 目安数 アドバイス

短肌着50~60cm
新生児~3ヶ月頃

短肌着
4~6 おむつ替えに便利な短い丈の肌着です。直接触れるものなので、吸汗性に優れ、肌にやさしい綿100%がおすすめです。
赤ちゃんは大人よりも汗かきなので、いつも清潔に過ごせるように複数枚揃えましょう。
夏生まれの赤ちゃんもベビーウェアの下に必ず短肌着を着せてあげてください。

コンビ肌着50~60cm
新生児~3ヶ月頃

コンビ肌着
4~6 赤ちゃんが足を動かしてもはだけにくい形の肌着です。通常は短肌着にコンビ肌着を重ねて使用しますが、季節に合わせてどちらか1枚を使うことも出来ます。
直接触れるものなので、吸汗性に優れ、肌にやさしい綿100%がおすすめです。

ウェア

check アイテム 目安数 アドバイス

ツーウェイドレス50~70cm
新生児~6ヶ月頃

ツーウェイドレス
4~5 股下のスナップを留め変えることにより、新生児の頃はドレスタイプ、2ヶ月頃からはカバーオールタイプとして使用できます。
暑い季節でも紫外線や冷房対策のため、長袖のウェアがあると安心です。

プレオール50~60cm
新生児~3ヶ月頃

プレオール
4~5 袖や丈が短い夏用ウェアです。ツーウェイドレスと同じく、股下のスナップを留め変えることにより、2通りの着せ方が出来ます。

ナーシングウェア50~60cm
新生児~3ヶ月頃

ナーシングウェア
2~3 助産師さんと共同で開発した、ボタンが少なく着せ替えが簡単な新生児用ウェアです。

セレモニードレス

セレモニードレス
1 退院時やお宮参りの時に使う華やかなドレスです。赤ちゃんとご家族の大切な記念日を彩ります。

防寒ウェア
(カバーオール
おくるみ・マント)

防寒ウェア
1 防寒用のウェアで、着脱が便利なマントやツーウェイおくるみ、ジャンプスーツなどがあります。
新生児から1歳くらいまで使え、秋冬生まれの赤ちゃんは特に必要なアイテムです。

ベスト

ベスト
1~2 赤ちゃんは体温調節が苦手なので、夏のクーラー対策や防寒用として便利なアイテムです。
タオルやガーゼ、フリース素材など種類も豊富。季節に合わせて選びましょう。

おやすみグッズ

check アイテム 目安数 アドバイス

ベビー布団セット

ベビー布団セット
1 体の発達が未熟な赤ちゃん専用に開発されたベビー布団がおすすめです。
1日の大半をお布団の中で過ごす赤ちゃんが快適に過ごせるように予算や機能に合わせて選んであげましょう。
赤ちゃんの城のベビー布団は中芯の種類やデザインも豊富、単品での購入も可能です。

シーツ

シーツ
2~3 赤ちゃんは大人よりも汗かきなので、洗い替えを揃えておくと、いつでも清潔に使えます。
敷布団・防水シーツ・キルトパッドの上からシーツをかぶせます。

防水シーツ

防水シーツ
1~2 敷布団の上に敷いて使用します。汗やおしっこが敷布団に染み込むのを防ぎます。洗い替えを揃えておくとよいでしょう。

キルトパッド

キルトパッド
2~3 防水シーツの上に敷いて使用します。汗やおしっこを吸収し、敷布団に染み込むのを防ぎます。洗い替えを揃えておくとよいでしょう。

綿毛布

綿毛布
1~ 綿素材の毛布です。起毛しているので温かく、体温調節のためにあると便利なアイテムです。

タオルケット
(ガーゼケット・
キルトケット)

タオルケット
1~ 柔らかいタオル素材なので肌触りがよく、体温調節のためにあると便利です。お昼寝にも使えます。
ガーゼ素材や、わた入りのキルトケットなど種類も豊富です。

バッグde
クーファン

バッグdeクーファン
1 赤ちゃんを寝かせたまま移動できるクーファンとして、広げてマットとして、様々な使い方が出来ます。たたむとバッグ型になるので持ち運びにも便利です。
*ベビーベッド 1 赤ちゃんのお世話がしやすい高さになり、同時に赤ちゃんを床のホコリから守ります。

アフガン
(おくるみ)

アフガン
1~2 首がすわってない赤ちゃんも、アフガンで包むことで抱っこしやすくなります。また、包まれることで赤ちゃんはとても安心します。 綿入りやタオル素材など種類も豊富で、様々な使い方が出来ます。

おむつ

check アイテム 目安数 アドバイス

布おむつ

布おむつ
30~40 ドビー織りの布おむつは肌触りが柔らかく、吸水性に優れています。繰り返し使えて経済的なので、家では布おむつという人も増えています。
★紙おむつを使われる予定の方は、このアイテムは必要ありません。

おむつカバー

おむつカバー
3~5 吸湿性があり、放湿性も高いウール素材がおすすめです。
★紙おむつを使われる予定の方は、このアイテムは必要ありません。

おむつライナー

おむつライナー
10~15 布おむつの一番上にのせてうんちをキャッチ。あとのお洗濯が簡単になります。
★紙おむつを使われる予定の方は、このアイテムは必要ありません。
*おしりふき 1 赤ちゃんは1日に何度もおむつ替えをします。いつも清潔に過ごせるように揃えておきましょう。
*おむつ用バケツ 1 汚れたおむつのつけおきに使います。
★紙おむつを使われる予定の方は、このアイテムは必要ありません。

おふろ・ベビーケア

check アイテム 目安数 アドバイス

バスタオル

バスタオル
3~ 赤ちゃんを包むのに便利な正方形です。肌触りが柔らかく、吸水性に優れた素材を選びましょう。

浴用ガーゼ

浴用ガーゼ
3~ 裸になると赤ちゃんは不安になるので、沐浴の時は赤ちゃんの胸元に掛けてあげましょう。
ガーゼ素材は洗濯後、乾きが早く清潔に使えます。

ガーゼハンカチ

ガーゼハンカチ
10~ 入浴時に顔や体を洗ったり、汚れた口元を拭いたり様々な使い方が出来ます。必需品なので少し多めに揃えましょう。
ガーゼ素材は洗濯後、乾きが早く清潔に使えます。
ベビーバス 1 生後1ヶ月までは赤ちゃん専用のベビーバスで入浴させましょう。
*洗面器 1 赤ちゃん専用のものを用意しましょう。
*ベビー石鹸 2 赤ちゃんの肌はとてもデリケートなので、刺激の少ない良質なものを選びましょう。

ベビー用綿棒

ベビー用綿棒
1 耳、鼻、おへそのそうじに使います。大人用よりも細い、ベビー用綿棒を使いましょう。
*湯温計 1 赤ちゃんの入浴にはお湯の温度がきちんと確認できる湯温計が必要です。

ヘアブラシ

ヘアブラシ
1 赤ちゃんの髪は細く柔らかいので、お風呂上がりなど、髪のお手入れに使います。

ベビー用爪切り

ベビー用爪切り
1 ベビー用爪切りは先端が丸くなっているので安全です。入浴後に切るのがおすすめです。
*ベビー用体温計 1 赤ちゃんの毎日の体温管理に使いましょう。

授乳

check アイテム 目安数 アドバイス

哺乳瓶・乳首

哺乳瓶・乳首
2 ガラス製やプラスチック製、飲みやすく工夫された形など様々な種類があります。
*瓶ブラシ 大1 小1 乳首用と哺乳瓶用を用意して念入りに洗いましょう。
*哺乳瓶用洗剤 1 抵抗力の弱い赤ちゃんの哺乳瓶は専用の洗剤で洗いましょう。
*哺乳瓶消毒器 1 電子レンジ式、つけおき式があります。ライフスタイルに合わせて選びましょう。
*清浄綿 1~2 授乳時のママの乳首の清浄や赤ちゃんの顔、手の清浄に使います。
*母乳パッド 1 ブラジャーにはさんで母乳もれを防ぎます。

授乳クッション

授乳クッション
1 授乳時に赤ちゃんをしっかり支える円形のクッションです。ママの腕や腰の負担が軽くなり、毎日の授乳が楽になります。
赤ちゃんがお座りする時のサポートクッションとしても使えます。

おでかけ

check アイテム 目安数 アドバイス
*マザーズバッグ 1 ミルクや哺乳ビン、オムツがコンパクトに収納できるポケットがたくさんついてます。
内側が防水加工になっていると、ぬれた物を入れた時も安心です。

子守帯

子守帯
1 生後4ケ月から18ケ月頃まで使えます。外出時はもちろん、家事の時も赤ちゃんと一緒で安心です。
*ベビーカー 1 A型、B型などの種類があり、形状や使用時期が異なるため、ライフスタイルに合ったものを選びましょう。
*チャイルドシート 1 チャイルドシートの設置は法律で義務付けられています。車に乗せる時は安全のため、必ず取り付けましょう。

雑貨

check アイテム 目安数 アドバイス

フード42~44cm
新生児~3ケ月頃

フード
1~2 髪の毛が少ない赤ちゃんの頭を守ります。防寒や夏の日差しよけにも必要です。

スタイ(よだれかけ)

スタイ
4~5 よだれやミルクの吐き戻しをしっかりガードしてくれるアイテムです。
選ぶポイントは肌触りが良く吸水性の高い素材、裏側が防水加工だとより安心です。

ソックス7~8cm
新生児~3ヶ月頃

ソックス
2~3 夏のクーラーや冬の寒さで足先が冷えすぎないよう、体温調節に必要なアイテムです。

ミトン

ミトン
2~3 爪で顔を傷つけないように使ったり、秋冬は保温にもなるアイテムです。肌触りの良い素材を選びましょう。

*印の商品は当社ではお取り扱いしておりません。

チェックリストPDFのダウンロード
 しっぽ 猫 PAGETOP