TOP  出産・育児について  お宮参り

お宮参り

赤ちゃんが生まれて初めて氏神様に参拝する行事。土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生の報告と健やかな成長をお祈りします。
男の子は生後三十一日目、女の子は三十二日目が一般的です。
正式には男の子の祝着は羽二重(はぶたえ)地の五つ紋で鷹や鶴などのおめでたい熨斗目(のしめ)模様。女の子の祝着は縮緬(ちりめん)地に花柄などをあしらった友禅模様の紋付を用います。
赤ちゃんが生まれたことを、その土地の神様に報告する儀式です。併せて、これからの健康と幸福をお祈りするという意味もあります。
地域によってさまざまですが、一般には生後30~32日目に行います。とくにゆかりのある神社がなければ、近所の神社でおはらいをしてもらいます。「御玉串料」を納めるのですが、相場は3,000~5,000円程度です。
パパとママも正装して、準備万端整ったら神社へお参りに行きます。そのあとは、写真館で「思い出に残る晴れの日」の記念写真を撮ってあげましょう。
ベビー服の上から祝い着を羽織らせるのが正式な服装ですが、最近ではセレモニードレスやケープをかける洋装スタイルも人気です。
赤ちゃんの城のセレモニードレスは、ツーウェイドレスに着脱可能なコートドレスがセットされています。退院時やお宮参りなどの晴れの日は、ふんわりゴージャスなコートドレスを着てドレスアップ。コートドレスを外せば、ツーウェイドレスとして普段の日でもご使用になれます。